Works

※全て制作した年のテキストです。

2016年
【徒然星】

2013年ぶりとなる展示は、日常をiPadで撮影し、iPad内で加工、そのまま直ぐにインスタグラムにアップするという現代の多くの人々が楽しんでいる方法を使いました。それは、私の毎日をあてもなく綴った随筆のようであり、私小説とも言えます。タイトルは吉田兼好の「徒然草」からとりましたが、作品を作ろうというあてもないまま毎日を過ごして心の赴くままに写真を撮っていることを表しています。

尊敬するギャラリストの石原悦郎氏の追悼展への参加とも重なりましたが、私は石原さんに言って頂いた言葉を反芻しながらこれまでやってきました。それは星男を始めることにも繋がるのですが石原さんに言われた事とは「写真(作品)が生きてない」という事でした。前に座る私の方が面白いと。

ツァイトフォトで初めて個展をやらせてもらい、そのあと半年位篭ってある作品を作っていて観て頂いた時の言葉だったので写真が生きるという事の意味が全くわからなくなってしまった私は実生活を思い切り生きようとお店を始めたり外に出る事にしました。
気がついたらお店作りに夢中になって5年が経っていて、私は作品を作らなくなっていました。
今回、展示をしようと決めて過去の作品を出そうと思っていた私でしたがiPadの写真をふと見てみると、毎日相当な量の写真を撮っていたのでした。
iPadの中で写真と遊んで直ぐにアップすると、タグ付けされたテーマを見ている世界の人がコメントをくれたり、反応を見せてくれました。
それは、久しぶりに感じる作品作りの面白さでした。
写真が生きるということはまだわかりませんが、私が生きている間にふとそれは生まれおちていて、私は考えずに夢中になることが楽しい。そんな気持ちになれたことが一番嬉しいことでした。そして石原さんに言われていなければ、今の私はいなかった。石原さんに心からの感謝を捧げます。
(Numeroブログより抜粋 
2016.10.03)

2013年

【2013年ステイトメント 櫻田宗久】
写真は現実に見えるものを映し出すが、目に映らない世界のものを視覚化しようという思い。世界の、例えば動物と人間などを分ける働きを同じ世界に戻し、神話の世界であったように、自然と人間が共存しあっている世界の表出。デジタルの手法で、数値化された被写体は、皆同じく線化する。私は、そこに対象性の世界を感じ、存在する物の秘密に触れるような思いをもつのだ。

【幻(phantom)】

水に映る世界を夢中になって見ていた。水中の中の世界、目の前に聳え立つ物たち、そしてそれが映る水面。いくつもの次元が私にこの世界の秘密を教えてくれる。水鏡は、風によって形を変えていく。私が見ている世界は、このようなものなのかも知れない。形があるようで、本当はそれは私が見る幻(まぼろし)の世界だと。

(2013年作品)

関連サイト 「諸行無常と私の幻について」

海に写りこむ顔見知りの友人達のポートレイトシリーズ。新シリーズ。一瞬一瞬うつろい(移ろい、虚ろい、空ろい)ゆく、水面に写り反射する図像。その水面自体が「写真」の原理そのもの。それを忠実にブツ撮りの様に映していった作品群。人間像を始め世界のすべてのものや出来事は多元的に解釈出来るもので、その性質を良く映し出している。ヤンファンアイク「アルノルフィニ」の凸レンズに世界すべてが映し込まれている様に、水面は凸レンズにも凹レンズにも変化し、世界をすべて映し出す鏡そのもの。また、写真の古来から持つ液体との関わりや内包する時間、そしてデジカメによって出現する等高線の様なライン。そのラインによってすべて世界が認識されていく自動手法。
ヴィヴィアン佐藤

【櫻(SAKURA)】

アニミズムの国で、私達は春になると桜を愛でる。この国ならではのこの春の行為を通して私達は自然に神を見て、それと一体化する。デジタルの手法で、グラデーションに沿って一様に線になった桜は、私と寄り添い私と一体化する。私は桜と何も変わることはなく、同じ線の世界に存在している。そしてそれは祈りの行為でもあるのだ。

関連サイト 「ゴールデン街と私の櫻について」

2012年

【Chemical dreams】

ケミカルな空気に晒されてしまったある日、男の子たちの夢を見た。
芝生の上で笑う少年。誰もいない森で、パンツを脱いだ。
昼間から、裸で何をしている。しかし、それは牧歌的であって、始終、笑いあっていたのだ。

空気が綺麗だった頃。あの時の男の子たちはどうしてるのだろう。

*1-3点目はカメラマンとして活動をはじめた頃撮りおろしていたゲイ雑誌の男性ヌードを使い、再加工した。寝ている姿は、涅槃図をイメージ。星雲の写真を重ねている。これは宇宙と現在という関係、時間を表す。見えない粒を視覚化する為でもある。

4点目は、iphoneのカメラで撮ったものをはじめて作品化したもの。セルフポートレート。iphoneでの撮影というのは、現代の写真そのものだと思っていてこれからも使っていきたいと思っている。

2011年

【シリーズ 星男】

スナップショットされた日常が、発光する。写された人物、景色は同じように線になり色彩を帯びていく。私たちは、写された世界と同等になり、星になる。

幻想の世界の中で、子供は産まれたがっている。それは、かつての私であり、写された一人も私と同じ存在なのだ。

同じ星の中で、かつて光であった私たちは、また同じ星に帰るだろう。

星男として、瞬くために。

*作品化する数年前に一度作ったものを再構成し、線化させた。モデルは友人の子供。沢山撮影した中から印象的なポーズを切り抜いた。

バックは手書きで書いた網目模様を使用し、森のイメージ、私小説的な心の世界を現したかった。

その他に、花火の写真を使っている。全体的に宇宙の中で(もうひとつの)私達が誕生する前、前世の記憶などをテーマとしている。

【シリーズ S、旅】

関連サイト 脳内の思わぬところを刺激するプチ・ポイズン 櫻田宗久展 WEBdacapo

*モデルになった方との日常でのスナップ写真をそのまま使用した。場所は、家や旅行先など。日常のスナップを使うことにより、現実と非現実の境界の曖昧さを表した。

照明などの電気、砂嵐の映像を重ね合わせている。原発事故から電気というものへの思いや、映像に釘つけになっていた影響が出ているが、縄の模様が縄文の原始的な世界を思いださせ電気というものの力強さ、パワーを改めて感じることとなった。

【シリーズ LOTUS】

2010年3月から9月まで私は根津に住んだ。13年付き合って、一緒に住んでいた恋人と別れ、久しぶりの一人暮らしであった。

近所を散歩していると、不忍池がすぐ近くだった。3月の頃、枯れきった蓮の茎が寒さと共に孤独を見せて、これまでの事を思った。

暖かくなっていくと、もう何も生えてこないように思えた蓮の池が、うっすら緑を見せてきた。

それから夏に向かって、信じられない勢いで蓮が姿を現していった。私は、その生命力に心を奪われて毎日の様に蓮の池に通った。私は、その姿に自分を重ね合わせ、再生したかったのだ。

蓮が咲き誇って、ぼたりとその花を落とす頃私はこれからのことを思いはじめていた。

*この時期から、デジタル処理で線にする手法が閃いた。コラージュの作品をどうシンプルに構成するのかというのを作る上で考えていた。全てが線になった時、コラージュの作品で考え作っていたことがより具体的に表せると感じた。

はじめの3点は、不忍池の写真(全て蓮が写っている)と一人になって初めて撮ったセルフポートレートを組み合わせている。

もう二点は、蓮を撮った写真をそのまま線化させたもの。1点目だけ、同じ写真を三枚重ね合わせた。3には、現在、過去、未来という意味をもたせている。1点目のセルフポートレートも同じ理由から3人いる。

2008年

【ムネトピア】

自我の表皮を静かにめくりながら自由を捜している。

そうして気が付くとジェンダーや愛といったもの下には

悪魔や突然の天使の世界が広がっていた。怖がらずその門をくぐろう。

根源へ向かっていたはずの旅は未来へ向かう旅になった。

関連サイト

櫻田宗久 作品展『ムネトピア』ツァイトフォトサロン gaden

インタビュー「自分の中を見つめていくうちに、パラダイムというか。お祭りみたいなイメージを凄く出したかったのでこうなりました」gaden

【2012年ステイトメント 櫻田宗久】

私が子供の頃、女系の家族で育ったからか周囲によく「女っぽい」と言われていた。自分にとっては、「男」や「女」だから行動基準を選ぶというよりは、自分が好きだから選ぶという方が強かったので、私が選ぶものや私自身の自然な振る舞いを「女っぽい」というような性別でカテゴライズされる事が不思議だった。

中学生の頃からは、同性と恋愛するようになり社会の中で少数派である性的マイノリティーとしての窮屈さを知ることとなった。

それは私にとって「ジェンダー」や「セクシャリティー」を考えさせられるきっかけとなり、初期の作品作りのテーマとなった。

2004年の作品「WET DREAMS」では、私自身の当時の同性の恋人をスナップし作品化した。これはゲイとカテゴリーされた恋愛の風景をヘテロセクシャルの恋愛のスナップと同じ様に可視化することによって、マイノリティーと呼ばれる恋愛であろうとヘテロセクシャルにおいての恋愛と何も変わることはない事を伝える為であった。

2005年の作品「フィクション」では、LGBT、ヘテロセクシャル、トランスベスタイトの当事者に彼らの人生の中であったジェンダーを巡るストーリーをインタビューし、ポートレート撮影をした。

皆私と同じ様に、ジェンダーの中で様々な思いを抱いていて、それぞれのストーリーがあるが、現実に起こったジェンダーを巡る出来事は私たちの根源的な欲望から生まれているものだろうか?私たちは「フィクション」の概念の中を生きているのではないか?という問いかけをした。

2006年「He likes me?He like me not?」では、よりファンタジックに男性が少女的な世界に溶け込んでいる作品だ。男性達はフリルのついたネグリジェを着て、一様にまどろんで、「花占い」をしている。少女的と言われる世界に男性をすり返ることによって、男らしさ、女らしさとは何かという疑問を表した。男性であろうが、乙女的といわれる精神性はあるのではないか?という思いによる。

2008年の「ムネトピア」ではジェンダーの問題を神話的世界へとパラダイムシフトさせた世界をコラージュの手法で作品化した。これまで抱いていたジェンダーの問題というのは、人間至上主義、権力的な社会というものと繋がっていて、ジェンダーの問題だけではなかった。

神話の世界の様に人間と神、動物と人間、男性と女性などを非対称な二項とわけずに、違いを認めながらもお互いを認め合うという世界を求めたのである。

少女がいるかたわら、両性具有のモデルがいたり、動物、妖精や幽霊、神社とお寺、キリスト教などが同じ地平にたっている世界を意識的に作り出した。

これは、相反する概念や非対称とされる関係に親和性を求める気持ちから生まれた。そして、コラージュをすることによって一つ一つの対象物には意味があり、イメージが限定されてしまう事に気がついた。

対象物にはシニフィアン・シニフィエがあり、これはジェンダー同様社会的に作られ伝わったイメージだ。私は、それが例えば女性的、男性的という決め事から一度イメージを無機化し、特別な何かにせず同じライン上に存在することをビジュアル化していけないのだろうか?と思うに至った。

こうして2011年からの作品から、写された対象をデジタルの手法で、均一に線化させた。グラデーションの色界に沿って線状になった対象は、あらかじめ認識された意味を失い、差異のない同じ線として存在している。

しかし写された線は、一見同じように見えるが境界線を固持して存在する。この境界線とはなんであろうか?

2011年の作品「星男」では、311による原発の爆発によるショックから私はパニックになったまま作品を作っていた。私はもはやジェンダーという問題を超え、権威的社会が作ったこの問題に対して意識的にならざるをえなかった。

しかしこの問題はジェンダーの問題と実は繋がっていて、私はこの権威的な社会の中で小さな声が届かない事に対して憤りを感じていた。

この作品では同じ手法で、電気の発光を線化させ同じように線化させた人の風景を写したスナップに重ね合わせる作品を作った。原子力発電所はまるで日本の父権社会そのものの様に映る。自分勝手な父親は、強い事だけを良しとし、母子の言う事を聞かずにとんでもない数の発電所を地震国日本に作った。私はこの父親とどう共存していけばいいかわからなかった。

しかし、わからないと言ってるだけではなくこの様なシステムの社会の中でマジョリティーの意見だけではないという事、固定概念を組み替える発想が必要なのではないのだろうか?

社会の中で押し付けられる様々なあり方は、本当に私たちの人生にとって大切な事だったのだろうか?こうでなければいけないという思い込みから、発想の転換が引き起こるようなやり方で、私は作品を作っていきたい。

美術とは、写真とはこうあるべきという形を乗り越える作品を提示して行く事が私に出来るよりよい社会を目指すための方法である。

櫻田宗久